適切な価格 冠組の帯〆【薄紅梅色】長尺・長寸、約170~175cmの長さがあります。-帯締





長尺・長寸、約170~175cmの長さがあります。

正絹の、ゆるぎ(冠)組、帯〆・手組紐。
普通寸より約15センチ長く作ってもらいました。

帯締めが短い? と、思われている方に冠組のシンプルな帯締めをお勧めしたいです。

そのふっくらとした厚みのある組み、絹糸の艶を引き立てるシンプルな表情。
美しいお色…訪問着から小紋・紬まで幅広くお使い頂ける組紐です。

帯〆・巾→ 1.2cm(約)  ・長さ→ 170~175cm(約)


お茶などのお稽古をされている方にも人気のお品ですので、
お手持ちのお着物や帯に合わせて、様々なお色を揃えておきたくなります。

無地・単色なのでコーディネイトしやすく、お着物や帯の邪魔をしません。

ぎゅぎゅっという心地よい絹鳴り…。
そして引っ張るとすっと伸び、手を離すと元に戻ろうとする伸縮性。
紐の内側から、絹の擦れ合う音とその伸縮による動きが感じられます。
機械組ですと硬い感じになりがちですが、手組なのでソフトな優しい組上がりです。


ひと締めすれば高品質の輝きで、あなたの装いを
一層格調高くきわだたせてくれるはずです。

■冠(ゆるぎ)組み■

古く平安の頃より、高貴な人々のかんむりに使用されていた紐の組み方で、
その美しさは帯締めとして着物通の方々に好まれ、
かけがえのない伝統の技を伝える紐として現在まで重宝されている組紐です。

※こちらの商品は当店在庫に無い場合には、お取り寄せ後の納品となります。
 通常3日〜4日で入荷致しますが、メーカーで在庫切れの場合は少々お時間を頂く場合がございます。
 ご了承下さいませ。